パーティーなんか行ってる場合じゃない官能小説(仮)

大学の時の先輩から電話がかかってきて、文学賞の受賞パーティーに出て欲しいと言われました。
突然のことで事情が分かりませんでしたが、友達が有名な文学賞を受賞したらしくて、その受賞記念パーティーを開くということでした。
私は遠慮した方がいいのかもと思いましたが、「人数が揃わなくて困ってるの、ともかく誰でもいいから大学の時の友達誘って来てくれる、そうしてくれるととてもありがたいの」と言われて断るわけにもいかなくなりました。
受賞パーティーには、審査員や文学賞の事務担当のスタッフなどにたくさん招待状を出したのですが、来てくれる人が少なくて、困っているということでした。
私は人数が足りないのでかり出されるだけのようでしたが、一流のホテルで料理が食べられるので行くことにしました。
パーティーの会場は有名なホテルの宴会場で普段は結婚式の披露宴をする場所でした。
受付で名前を書くと、すぐ横には有名な小説家の名前も書いてありました。
テーブルがたくさん並んでいましたが、その割りには出席する人はそれほど多くありませんでした。
胸に赤い花を付けているのは来賓で、出版社の人も来ているようでした。
大学の時の友達や先輩の親戚などが大勢来ていて、あちこちで名刺を渡したり何度もお辞儀をしているのが見えました。
大学の時のコーラス部の女の子達が隅で固まってなにやら、話をしているのが見えたので、そばに寄ってみると。
「ねね、文学賞の受賞パーティーだというのでね、招待状山ほどだして、広い会場手配したんだけどね、ほとんど返事もこないんだって」
「それで私たち呼び出したらしいのよ」と嘘かホントか判らない噂をヒソヒソ話していました。
来賓の挨拶が終わると後は、料理を食べながら、友達と適当におしゃべりをして過ごしました。
料理も残り少なくなると、もう次の予定があるらしくてボーイさん達が後片付けを始めました。
会場を後にして帰ろうとすると、大学の時の友達みんなでお茶を飲んで行こうという話になりました。
大学の時帰りによく寄った、喫茶店にみんなで入ると話に花が咲いてなかなか帰る口実を見つけられませんでした。
ようやく話す話題もなくなって誰ともなく席を立つと、こんどは「私が払う」とかのレシートの奪い合いが始まり、私はうんざりして見ていました。
一応は「あ、私が払います」と言っては見たものの、さっさと誰か払えばいいのにと思うだけでした。
一応は一番学年が上だった先輩が払うことになりやっとお開きになりました。
帰ろうとすると女友達に呼び止められました。
「ねえ、パソコン得意だったわよね、私のパソコンうまくインターネットにつながらないんだけど見てくれないかしら」と言われました。
「友達に古いパソコンもらったんだけどね、インターネットにつながるはずなんだけどやり方わかんなくて、友達の話では必要なものは全部そろってるって言うんだけど、私パソコンよくわかんないのよ」と言われて、断ってもまずいと思って帰りに寄ることにしました。
女友達のアパートは大学の近くで、よくクラブのコンパの後みんなで一緒に集まっては夜遅くまで騒いだのが思い出でした。
アパートへ曲がる路地を入ると懐かしくて涙がでそうになりました。
女友達は大学のとき住んでいたアパートの前を通り過ぎると少し離れたマンションに私を案内しました。
「いちおう引っ越ししたの、すぐ近くなんだけど、お風呂ないと不便でしょう」と言われて、私は部屋に入りました。
パソコンは部屋の隅に畳の上に置いてあり、電源を入れてみるとすぐに動き始めました。
しかし画面には何も表示がでなくて、どうも変でした。
パソコンの裏を見ると、ケーブルは何も繋がっていなくて横に置いてあるだけでした。
「ケーブルまだ繋いでないの」と私が聞いてみると、「友達に聞いたけどどこにどれ繋いでいいのか判らないから」と言われてケーブルさえ繋げばいいと思いました。
一通りケーブルを繋いで、立ち上げてみると別に問題はないようでした。
「ありがとう、よかった助かったは、こうゆう時パソコンに強い男の子とか知り合いにいると助かるんだけど、私のつきあってる男の子ってパソコン苦手なのよみんな」と言われてそんなに男の子の友達がいっぱいいるのかしらと思いました。
「お茶くらいいれるからちょっと待っててね」と女友達が言うので、私は少しゆっくりしていくことにしました。
あらためて部屋の様子を見回すと、壁のハンガーに紺のプリーツスカートがかけてありました。
よくよく見ると、すぐ横にかけてあるのはセーラー服の上着でした。
私の視線に気がついたのか女友達はコーヒーの茶碗を持ってが座りながら「ああ、あれ、男の人ってああゆうの好きでしょう」とこっそり苦笑いをしてみせました。
私はなんだかわかりませんでしたがあまり追求しない方がいいような気がしました。
二人でお茶を飲みながらお菓子を食べて、一休みすると「ねえこの部屋ね面白いものがみれるのよ」と女友達が突然言い出しました。
「電気消してね、窓の外から、向かいのビルを見るとね、面白いの、私も最初はホントにびっくりしたんだけどね」と言いながら電気を消してカーテンを少しどかして向かいのビルを二人で覗き込みました。
薄いカーテンの奥で、裸の男性が数人、セーラー服を着た女性の周りを取り囲んでいるのが見えてびっくりしました。
「ほら、秘密クラブとかいうのあるでしょう、エッチなパーティーとかするの」
「カーテンが一応かかってるんだけどね、夜だとカーテンが透けて、こっから丸見えなのよ」
「本当にもうあきれ果てて、馬鹿みたい、ここからだとね部屋の中央がちょうど見えるのよ、窓がちょっと高いでしょうだから」と言うので私も、なんと返事をしていいのかわからずにうなずくだけでした。
突然携帯の呼び出し音がして旦那からでした。
「せっかく今日は早く帰ってきたのに、食事の支度もできてなくていったいどうゆうつもりなんだ」と旦那がいきなり怒り始めました。
私も腹が立って「今日は徹夜で帰らないっていってたじゃないの、勝手なこと言わないでよ」と言い返すと「ともかく、飯が食いたいんだ、今どこにいるんだと聞かれました。」
「友達のとこだけど」と言うと「じゃあこれから楽衆軒に行くからすぐに来いよ」とすぐに電話が切れてしまいました。
楽衆軒は、私たちがまだ大学のときよく行った中華料理屋で思い出の場所でした。
私があわてて帰り支度を始めると「ねえ最近旦那とはどうなの」と女友達に聞かれて「このところ仕事で徹夜が多くてね、あっちの方は全然だし、どうもね」と愚痴をこぼしました。
すると女友達は急にしゃべり方を変えて「ねえ、いいこと教えて上げましょうか、男の人ってねセーラー服に弱いのよ」
「これ貸して上げるから、着ていってごらんなさいよ、ほら楽衆軒の裏にラブホテルあったでしょう」
「今夜は帰りたくないのとか言って甘えてみたりしたらどう」と言ってくれました。
私は確かにそれはいいアイデアかもしれないと思い「そうね、やってみようかしら」と返事をしました。
女友達がハンガーからセーラー服を取ると私は、服を脱いで着替え始めました。
サイズは少し小さめでしたが、なんとか無理をして体を合わせました。
スカートは、お尻が見えてしまうくらいのミニ丈でしたが、男の人はこうゆうのが好きなのねと妙に納得しました。
ドアの脇の鏡で自分の姿を写してみると、ちょっと暗ければ見分けが付かないほどに見かけは女子高生に見えるので自分でもびっくりしました。
旦那が私を見たらいったいなんて言うかしらと私はなんだか心がうきうきしてきました。
私は女友達に礼を言ってから部屋を出ると、帰り道を急ぎました。
ちょうど角を曲がったとき、急にどすんと誰かが体ごとぶつかってきました。
私は何がなんだか判らないままセーラー服姿で路上に腰が抜けたように座り込んでしまいました。
すぐ後ろに走り去っていくのはセーラー服を着た女の子でした。
私はいったいどうしたことかと思いながら必死で起き上がろうとしました。
そのとき、女の子が飛び出てきた角から数人の男が走り込んできました。
「この女、金だけ貰って逃げ出そうとしたんだ、すぐ連れ戻せ」と年配の男が命じると私の両脇を男の子が抱え上げました。
私は必死で叫ぼうとしましたが、口を押さえられて声がだせませんでした。
マンションの裏口から部屋の中に連れ込まれる部屋には高い窓があり、カーテンがかけてありました。
もしかしてさっきの部屋かもしれないと思うと急に体が震えてきました。
「逃げ出すなんてとんでもない女だ、どうなるか教えてやれ」とさっきの男がまた怒鳴りつけてきました。
私はマットの上に押し倒されると、両手を左右にいっぱいに開いて押さえつけられました。
燃えるような欲望が私をなぎ倒すと、強い風が私の体を巻き上げるように吹き付けてきました。
許しを請う時も与えられずに、私の体は征服者に汚されました。
繰り返される律動は、やがて稲妻にかわり私の体を引き裂きました。
満足する間もなくすぐに次の杭が私に打ち込まれ、また今度も激しい律動が私の体を突き抜けました。
繰り返される欲望の儀式は、何度も繰り返しては私の身体を引き裂きました。